今年から試験範囲が変わる簿記2級~独学でも取得できる方法~

話題の専用タブレット教材

学生と教師

スマイルゼミは、今話題の専用タブレットを使った通信教材です。スマイルゼミにはタブレットならではの機能が充実しており、ゲームやイラスト、音声、さらに成績データを通してコミュニケーションできる機能があります。ゲームについては子供に合う、合わないがあるとの評判ですので、よく考えて選びましょう。

もっと読む

働きながら資格取得

レディー

通信課程のある専門学校の特徴としては、学校に通わずに家でも資格取得などのための勉強ができる点などが挙げられます。このような特徴から、社会人の方でも利用しやすいため人気の学び方と言えるでしょう。社会人の方の学び方として、検討してみるのも良いかもしれません。

もっと読む

安心な学習システム

仕事する男性

試験範囲が大きく変更

簿記2級の試験範囲は、2016年度から大きく変わります。その後も、2017年度、2018年度の3回にわたって変更されます。これは、時代の流れとともに、実務と試験内容が乖離してきたためです。例えば、新しい試験範囲には、「連結決算」が追加されました。「連結決算」とは、親会社と、子会社や関連会社の会計を、まとめて決算することです。最近ではグループ企業が増えているため、より簿記の知識を役立てるために、このような範囲の変更が行われるということです。これまでは、簿記2級の学習は、通信講座や座学講座を受講しなくても可能でした。しかし、この範囲の改正によって、情報収集がより重要になります。受講しなくてはいけない、というわけではありませんが、安心して勉強するためにも、サポート体制が整っている講座を利用して独学する方が良いでしょう。仕事をしている社会人であれば、通信講座の受講仕手の独学が最適です。

日常生活に役立つ知識

簿記2級は、就職や転職に役立つと言われますが、それだけではありません。例えば、テレビや新聞などを見ると、経済ニュースがたくさんあります。記事の中には、専門用語が飛び交っています。このような情報を理解する時に、簿記の知識を持っていると大変有益です。そのため、ビジネスマンではない方も、知っていて損はないのです。簿記2級の知識があれば、ニュースを見ていても大体は理解できますし、世の中の流れも知ることができます。専門書や教材を購入して、独学で勉強するのも良いですが、初めて勉強する方は苦労するかもしれません。途中で挫折してしまっては勿体ないので、通信講座などの学習システムを利用して独学する方が、効率的です。

親も子も笑顔になる教材

勉強

スマイルゼミは小中学生用の通信教材です。タブレットを使い、様々なコンテンツを使いながら勉強ができてよいとの評判です。独自のチャット機能も人気です。スマイルゼミは、タブレットという新しい形での学習が特徴であり、ネットが普及する現代では親しみやすい子供も多いためこれからさらに拡大が期待されています。

もっと読む